忍者ブログ
建築戦隊!カプリコ5!
「 地震 」
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
建築戦隊カプリコ5
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
OTHERS
Powered by 忍者ブログ
Templated by TABLE ENOCH


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R>

今日、新潟・長野をはじめ、各地で大きな地震が起きましたね。
今、このブログを書いている時にも北海道のほうであったみたいです。

バイト先の有線でも各地の地震情報が止まりませんでした。

テレビをつければ無残にも崩壊している住宅の数々。
家を失い、悲しみに暮れる人々。
壊れた建物の下敷きとなって亡くなる人々。
建築を学ぶ人間として、又一個人として、とても心が痛みます。
地震大国日本。にもかかわらず、耐震性の弱い建物が次々と建ち、壊れ、多くの人が犠牲になっていく。
そんな現状に何もできず、ただ指をくわえて観ているだけの自分の無力さに怒りさえ覚えます。

以前、授業でこんなことを聞きました。
「地震で人は亡くならない。地震で壊れた建物で人が亡くなる。」
まさに、今回の地震の報道を観ていると、そのとおりだと思いました。
人が安心して住まうはずの建物で人が亡くなる。
こんなことがあってはいけないと思いました。
斬新なデザインを考えることだけが建築ではない。
人がすごす場所を作るのが建築。それには安全性が不可欠である。
人を守るべきものが建築。ましてやその建築で人が死ぬことがあってはいけないのだと思います。


今回の地震で犠牲になった皆さん。
大変な状況にあるとは思いますが、頑張ってください。
皆さんのために何もできない自分で申し訳ありません。
PR
COMMENTS
TITLE

NAME

MAIL

HOME

PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PREV | 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 | NEXT
- HOME -
[PR]